練馬景観まちづくり とっておきの風景教えてください ねりま景観まちづくり

ねりまの景観に関する情報をお寄せください!

L172 大泉学園町の由来を伝える石碑と大泉公園

  • 【部門】

    風景部門

  • 【部門詳細】

    複合景観

  • 【所在地】

    練馬区大泉学園町六丁目25番・26番

【応募者からのコメント】

区立大泉公園のなかに、静かにひっそりとたたずむ石碑があります。うっかりすると見過ごしてしまいそうですが、緑町会の方々が建てたこの石碑には、大泉学園町の歩みが記されています。この辺りはもともと雑木林だったことや大正13年から開発された住宅地であること、その後、地元の風致地区協会の皆さんが地域のために取り組んできた活動のことなど。大泉公園は、戦前までは野遊地や農園として開放されていた所だそうです。当時から比べるとまちの様子は大きく変わりましたが、公園内の石碑が、かつての風景を今に伝えてくれます。

※ みなさんからの投票は、「とっておきの風景」の活用に反映していきます。

※個人情報保護のため、地図上のポイントは実際の場所と一致しない場合があります。また、ストリートビューとの整合もできません。


風景、ルートマップもあります!

「とっておきの風景(練馬区地域景観資源)」について、たのしみながらめぐることのできるルートマップの規格も行っています。
特色ある練馬らしい景観を知るきっかけとして、ぜひご利用ください。

タイトルの色は、練馬区のよりどりみどり「NERIMA GREEN(ねりまグリーン)」を使用しています。